人を変えるには、どうしたらいいかっていう話

おはようございます。今日もお腹がすいて眠いぐっちです ( – _ゞ ゴシゴシ

最近個人的に、人妻アフィリエイターさんやママブロガーさん、独立されてるママさん等々から、夫婦間についての相談を受ける機会が頻繁にありまして。

伝えたいことというかちょっと思うことがあるので、久しぶりに書いてます。

まずは唐突なんですけれども、

こちらの記事、みなさん読まれましたでしょうか。

保育園云々の記事って割とスルーするところが昔からあったのですが、
執筆者と個人的に親しくさせていただいているということもあって、私昨日真剣に読みました。

ぶっちゃけ今まで、保育園の入園問題ってそこまでちゃんと考えたことがなくて。

なぜかというと、以前にも書いたのですが、

ちなみにアフィリエイトとか関係なく、どんな仕事をしている人でも保育園に2歳とか3歳とかで「入れない!行政許せない!ピー!!!」と騒いでいる人が私はぶっちゃけ嫌いですw

と思っていたんですよね。
うちは子どもが3人いますが、0歳4月に下準備してきちんと待機期間ゼロで入園できたということもあったかと思います。

なんですが、先日からまなしばさんのツイートや記事・活動(行動)を見ていたら、見方が随分変わりました。

少なくとも都心はまじで保活大変だし、働きたいのに働けない、放っておけないレベルなんだなってきちんと理解しました。

ここからどうなっていくか興味深いですし、応援したいです。

で、こうやってあんまり保活について興味がなかった私の気持ちが変化したことと絡めて、相談を受けている内容を考えてみようかな、と。

人の考えを変えることって、できるのか?

相談を受けている内容というのは、基本的にみんな似ています。

詳しくはプライベートが絡んでくるので少し変化させて書きますが、
「主人が私の仕事を理解してくれません」
「わかってくれません」
「やりたいことが、できません」

っていうことなんですけれども。

この話は以前とある方とお話ししたときに挙がった話題だったのですが。 「他人に考えを変えてもらう」というのは、基本的には絶対に無理だと。

言葉として合っているなと思うのは、 こっちが変えるのではなくて「その人“が”変わる」んだと。

これは夫に限らず、友人とか親とか、世の中さん・世間さん、すべての場合において同じだと思っていることなんですけどね。

どういうことかっていうと、 その人が根本的に思っていることを根底からくつがえすことってめっちゃ難しいよっていうこと。

無理矢理考えを変えようとするのは間違ってる

例えばなんですが、アフィリエイトについて理解がない旦那さんがいたとします。

その考えを変えてもらうにはどうしたらいいか、と思ったときにどうするかって話なのですが。

もう少し身近な感じで書いてみると、仮に日曜日に昼まで寝ている夫がいるとして、奥さんがそれに対しておこだと。
でも、それを無理に変えることはできないわけですよねw

まぁできなくはないと思うんですけど、 そこで、無理やり「おきろ!」と変えようとする押し付けはやっぱりよくありません。

その人が自分で望んで、自らそうしてくれないと後々問題が出てくるわけです。
不満とか愚痴とか、そことの関係性そのものがぶっ壊れる可能性が出てくる。

相手が、「変わりたい」と自分から思わなければ意味がないですよね。

じゃあ、どうやったら自ら変わりたいと思ってくれるのか

どうしたら変わりたいと思ってもらえるのか。それはもう「見せる」「(強制しないように)訴え続ける」「行動を見てもらう」しかないと。

そうすることで、相手に自分で
「あ、自分も変わろうかな」
「変わったほうがいいじゃん」
「そのほうがいいのかも」
「えー!そうだったのかーそうかそうか」
って思ってもらえないと意味がないというか、 そうじゃないと変わりようがないというか。

先ほどの日曜日に昼まで寝ている夫に置き換えて考えてみると、

例えば先に起きている妻と子どもが楽しそうにクッキーとか作って焼き立て食べてたり
寝ている自分を差し置いてめっちゃ楽しそうに幸せそうにしている姿を見たときに

「あれ、オレもあともう1時間早く起きれば一緒に楽しく遊べんじゃね?そっちのほうが楽しいかな?」

って 初めて思う訳だと思うんです。

(実際はそんな簡単にはいかないと思うけれどw)

だから、そもそも「変える」のがめっちゃ難しい物事は出てきちゃう

先述した理由があるので、個人的には保育園についての話題は結構難しいと思っています。

保育園についての話って、まなしばさんの記事から勝手に読み取っただけなので考え方にちょっとズレがあるかもしれないですけれども、

・保育園に入園できなくて日本死ねって思ってる人
・まなしばさんみたいに、こんな社会はおかしいって訴えている人
・自分も保活頑張ったんだから、普通に頑張れよって思っている人
・若い人の言うことかなえても投票数増えないから知らねって思ってる政治家
・保育園の騒音うるさくねって思ってるご老体
・とりあえずこういう揉め事に顔出してあーだこーだ言っとけばいいでしょって思ってる蓮舫さん人 等々

めっちゃいろいろな考えの人がいるわけです。

そして、みんな自分の言ってることが正しいと思っているわけですよね。

これ、みんなが思っていることを根本的に変えて一つの方向にまとめるのってものすごい難しいと思います。

だからずーっとずーっとエンドレスに問題が続いてきちゃってるのかなと。

最初は怒ってても、待ち期間終わって保育園入れたら、もう自分の問題は落ち着いてしまうわけで。
後々の人のために訴え続ける人って滅多にいないだろうし、そうなると変えようとする側の人員が入れ替わっていくわけですし。

「見せる」「(強制しないように)訴え続ける」「行動を見てもらう」
これが継続的にできないですよね。

(保育所増やすかどうかっていう視点じゃなくて、あくまで「保活問題真剣にやばくね」って興味ない人に思ってもらう方法についての話ね)

だからめっちゃ難しいと思います。この保育園のやつは。
真剣に考える人がひとりでも多くなればいいですよね。ほんとに。

保育園の問題を例に出すのはちょっとどうかなとも思ったのですが、
とにかく沢山の人が問題に関わっているときは、みんな自分が合ってると思ってるから。

基本人が多ければ多いほど全員が納得する答えを出したり、全員が望む方向性に進んでいくのは無理。
絶対どこかしら皺寄せがいくし、我慢するセクションがないと成り立たない。

それに比べたら、1対1の問題の場合は割とスムーズにいきそうなのかなーとは思うんですよ。

自分の話しも少ししようかな!

私自身の話になるのですが、

2年半程前から、約230家族が所属するとあるコミュニティの代表をしていて(詳しくは話せないのですが)、そのコミュから「世の中にこうなってほしい」という課題が持ち上がっていて。

その話題が出たとき、私からはこういう話をコミュ内でしました。

世の中を変える、、変えてやる!とかっていう活動はこれからもしません。 それはおそらく、できないです。

じゃあ私たちは何ができるのかなって考えたときに、ひとりひとりが、 こうなってほしい先の姿を「世の中さん」に見せることで、 「世の中さん」が変わってくれるのを待つしかないと思います。

ようするに、繰り返しになるんですが無理矢理変えたり押し付けるのではなくて、 こうなってほしいな、という理想の姿を、変わってほしい人に見せるしかないと思うんですよね。

その姿を見せることによって、相手が望んで自ら考えを変えてくれなければ、考え方を覆すことはできないので。

まなしばさんが今回書いてた、

こんなことをいうとね、賢い人たちは、言うんですよ。
「私は事前に情報収集をしっかりやって、住む場所も変えて、妊娠中から活動して、ちゃんと保育園に入れました」って。

「保育園に落ちたって騒ぎ立てる人はそういうのをやっていないし、自己責任だよ」って。

いやいいんですよ。素晴らしいです。ブラボー。あなたはリテラシーが高いし、自分を変えて適応してきたんですよね。素晴らしいですよ。

でも、ね。 その保活にかける無駄な労力を、他の人にもずっとさせるんですか?

このへんのくだりは、すごく良いと思っていて。結構響く人いるんじゃないかと思いました。

私も響きましたし。

今まで全然スルーしていた問題だったのに、数か月かけてまなしばさんの行動(ツイートとかブログ)を見ていたことで、魅せられたことで私の考え方が根底から覆ったわけです。

押し付けられたとかじゃなく、自ら変化したわけです。

結局夫婦関係とか、人間関係もこれなんですよ

相手が「世の中さん」だろうと、「夫」であろうと「ママ友」であろうと「姑」であろうと 全部これなんじゃないかなと。

旦那さんに今やっている仕事を理解してもらえない、という主婦のかたは本当に多いと思うんですよ。

在宅だと家庭との境目が曖昧になるし、自分は昼間いないから仕事しないで遊んでるんじゃないかって思われることもあるだろうし、気持ちが自分じゃなくてPCに向かっていることを、面白く思わない旦那さんて絶対多いと思うし。

そんなん理解してよ!家族のためにやりたいんだよ!
わかってよ!なんでわかってくれないの?

とかもちろんなっちゃうんですけど、

結局やっぱり人は変えられないんですよ。他人は人の思い通りには決してならない。

でも、今回まなしばを見て変わった私みたいに、自ら変わる可能性もある。残されている。

自らじゃないとあとで問題おきますので(切実)、自分の考えに賛同してくれなかったり、自分の思い通りに動いてくれないことについて

怒ったりとか、無理矢理変えようとか、考えを押し付けたりすることは絶対にしないほうがいいです。
というか、それ逆だったらやっぱり、やられたほうはたまったものではないですよね。

でもね。保育園のやつに比べたら、断然易しいとは思います。

理解しておきたいのは、主婦(ママ)が働くことってやっぱり限界がある

いくらもっと作業時間ほしい、サイト作りたい、もっともっとやりたい。っていう気持ちがあったとしても。

やっぱり主婦の人って限界があるんですよ。私限界なんてないわ!やろうと思えば何でもできるでしょーって思ってた派だったんですけど。

最近まじでいろいろあって、もうこれ認めるしかないなってねw
色々な方の話を聞く機会があって改めて確信しました。

限界があるというか、状況的にそうさせてくれない・認めてくれない、もうそれって仕方ないんじゃないかっていう話ですね。

たぶん仕事したい!旦那さんがわかってくれない!って方たちは、
こういう旦那の肩書きとかでドヤる女性の気持ちがわかんない人多いはずです。

これね。少し前までは私もこういうこと言う人の思考が全く理解できなかったんですけど。

なんか今は少しわかるんですよ。この前ツイッターでも少し言ったんですが。

こういう思考の人たちって、旦那さんと子どものため「だけ」に生きているんですよ。

自分の人生なのに、自分がいなくて、旦那がー子どもがー家事がーしか言わないんですけど、でもそれって普通のことなんじゃないかなーって思えるように今はなっていて。

目の前の幸せにきちんと向き合えていて、自分のできることをやってるんじゃないかな、と。
それってすごく幸せなことで、素敵なことなんじゃないかなーと。

仕事も家庭も、全部完璧にやるとかはもうほんと無理だと思う

これも、私少し前まで余裕でできる気がしてたんですよ。

でも、実際全然無理ですねw

必ず、突き詰めていくとどちらかを選ばなくてはいけない場面が出てくるんですよ。

女に生まれた限りは、「子どもと家のことは任せて!いってらっしゃい!」って送り出してくれる奥さんがいる男性にはどうやっても、ほんとにどうやっても絶対なれないんですよw

男だったら、「仕事だから」「付き合いだから」って一言で済むようなことが、女性はやれないんです。いけないんですよね。

やっちゃったら幸せ壊れちゃいますもん。絶対。
そこまで理解してくれる人って滅多にいないです。

だからもうこれは仕方ないです。ほんと仕方ない。あきらめるとこですこれ。と思ってます。

だからその中でどう動くか、女性は大切なものを守りつつ動くっていうことを意識しなきゃだめなんだなーと。

幸せってなんだろなーって考えたとき

主婦アフィリエイターでツイッターをやられている方がここ最近すごく増えてきて、私自身がアフィリエイト事業メインの会社をやってるということもあってフォローして頂いて、会話したり相談受けたり、ランチや飲みに誘って頂いたり、ほんとありがたいです。

実際お会いすると、みんなアフィリで稼ぎたい!って目がキラキラしてて刺激受けまくりです。

まだ返せてないメールもあるので、ここでまとめて答えておくと、
自分が動くもともとの目的を忘れてはいけないんですよね、絶対。

・なんのためにお金稼ぎたいの?
・なんでそもそもそんなにお金が必要なの?
・自分が人生で1番大切にしているものって、いったい何なの?

もうこれに尽きます。

アフィリエイターの主婦のかたって、めちゃくちゃ苦労している人が多いんですよ。
だからこそ、幸せをなくしてほしくないですね。

なんでもない普通の毎日こそが幸せだと思いますよ。お金なくても。

我慢しなきゃいけないの嫌だし、思うように周りが応援してくれなかったりとか、ほんと色々あると思うんですけれども。

もどかしいけど、理解してもらいたいけど、

それってやっぱり周りが自分が自ら望んで、そうしたいって思ってその方向に進めていないのであれば、後々後悔とか不満が生まれるだけなんですよまじで。
(もうそろそろしつこい感ある)

相談メールとか全部返せてない状況で、こんなとこで答えるのすごく申し訳ないのですが。

そういうことをすべて理解したうえで、それでもやりたいんだ。
そう思えたならば、人生一回しかないんだから。生きたいように生きていいと思います。

それでうまくいかなかったら、もうそれは自己責任ですし。
そうしたいと思ってそう動いて、うまくいかなかった。ただそれだけです。

まぁそのほうが、やらなかった人生と比べたら、後悔は少ないと思いますけどね。
ほんと難しいです。私もまだ答えを探しているところなので。

まとめ的なやつ

なんかズレてきたので戻しますが、やりたいことを応援してくれない、同業者との飲み会とかもいい顔されない、家で作業してると嫌な顔される・・・

とか人によっていろいろ悩みはあると思うんですけど、

夫にこうなってほしい!こう変わってほしい!
理解してほしいんだ!と思った時は。

・まずは何が自分自身にとって一番大切なのかをがちで考えるべき
・そして今より多い収入は、それを捨ててでも手にしたいものなのかっていうことを考えてみるといいと思います
・そして大切なものを守りつつ、その中で最大限に動く
・考えを変えてもらうためにはとにかく継続的に、「見せる」「(強制しないように)訴え続ける」「行動を見てもらう」

まとめとしてはこんな感じですかね・・・

とにかく今思うことはね、みんな難しいこと考えないで、

今の幸せを見ようぜ!
(現場からは以上です)

なんか着地めっちゃ本題とずれたわ!すいませんw

追記:あと最後にこれ言っとこう!

「ぐっちさん、今目の前で起こってる問題は、自分が成長するチャンスですよ!」

(うさぎ氏に言われたんですけどね)
(いい言葉ですねほんと)